2016年9月16日

脇脱毛を行った直後は汗への対処に注意

女性にとって脇脱毛は欠かせないもの。特に春から夏に向けて半袖のシャツやTシャツ、それにノースリーブのワンピースなどを着こなすにあたっても脇の露出は避けられないものです。それに海やプールで水着姿になる予定のある人にとっては同行する友人や恋人の前で素肌をあらわにすることになりますので、しっかりとした脇脱毛を行っておかねばなりません。また、これに加えて結婚式やパーティーなどでドレスアップする機会のある人にとっても同様に脇脱毛はとても重要になってきます。とはいえ自己脱毛だと限界があるので、ここはエステやクリニックで効率よくムダ毛を払拭した方が良いでしょう。

脇は比較的に毛量が多いことから、エステやクリニックでは主にレーザーやフラッシュにて脇脱毛を行います。これは専用機器から照射されたレーザーやフラッシュが皮膚の内部に埋もれた毛根のメラニン色素と反応して組織を破壊するというもの。こうして発毛や育毛の力を排除することで綺麗な脇脱毛が得られるのです。また、より強力な脱毛効果を求めるのであれば微量な電流を帯びたニードルを毛穴からひとつひとつ挿して脱毛を行うものもあれば、ジェルなどを毛穴から浸透させて痛みをほとんど生じさせることなく組織にダメージを与えることも可能です。

こうした効果の高い脇脱毛の施術がある中で、ひとつ注意したいのが汗に関してです。もともと汗が大量に発汗される部位として知られる脇ですが、もともとはムダ毛によってその水分が吸収されることでその水分の量は実際よりも抑えられています。しかしこれがすべて払拭されると汗もそのままダイレクトに放出されてしまいます。

そのため脱毛後は服にシミが付かないようにくれぐれも注意が必要です。気になる人は脇パッドなどを使うなどして予防しておくとよいでしょう。また、施術直後は大量に水分が放出されることに慣れておらず、体温のバランスを崩してしまうことがあります。しっかりと拭き取った上で温度管理に気をつけて様子を見てみることが必要です。

タグ: